m i s s u e , , , !

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile
Twitterボタン




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ねこ



週末、ミュージカル‘100万回生きたねこ’を観てきました。
実は半年近くも前にチケットを取っていて、凄く楽しみにしていたのです。
しかも今回は前から8列目という良席!(母よ、アリガトウ)
好きな人たちのW主演!こんな機会もなかなかない。

まず、舞台セットが素敵でわくわく。
メルヘンちっくで不思議な空間。

開幕から初めて見る満島ひかりちゃんの存在感に一気に心奪われました…。
顔が小っっっさくて、目がキョロっと大きくて、華奢でしなやかに動く身体。
テレビで聞いていた声もこんなに可愛かったんだってびっくりした。
(アクターズスクールで培った歌声も♡)

森山未来はもうほんと動きのひとつひとつに驚かされる。
そして歌い方、歌声、やっぱり素敵。
惚れ惚れしちゃう。歌出してくれないかな。笑

そんなふたりのねこ。
可愛くて、切なくて、涙が出そうになった。
素敵なしりとり、もう一回観たい。

みなさんの演技がコミカルでとっても楽しくて、
可笑しなダンスとバンドチームの音楽も最高でした!
衣装もいちいち可愛かったなぁー。

原作は絵本なだけあって、ファンジックな世界観が、ぴったり♡
(そういえばこどもも結構観に来ていたな)

今回、演出・振付・美術を手がけているのがイスラエルの
アブシャロム・ポラックとインバル・ピントという方たちなのだけど、
HPにあるこの構想スケッチがすでに素敵すぎやしません?
http://hpot.jp/100man_cat/introduction/

最後、カーテンコールでは拍手が全然鳴り止まなかった。
友達と、こんな舞台観れて幸せだねって興奮のまま帰りました。

映画も音楽も舞台も、本当に心を豊かにしてくれる。
人生を豊かにしてくれる。
最近そう思うの。
大げさだけど、それがあるのとないのでは大違い。

いつもいつも感動したい。旅行だってそのため。
そのために働いている。

いつになくあつくるしい日記になってしまったWA!
それだけ舞台で感動したんだよ!

| theater | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
Hedwig
今年に入ってからは観たいものへはなるべく足を運ぶようにしていて、これもそのひとつ。森山未来が主演の“ヘドウィグアングリーインチ”!

ずっと森山未来を生で観てみたくて、ヘドウィグするわ、演出は大根監督(モテキコンビ!)だわでもう観に行くしかないーーと友人とチケットを取る前から大興奮。

とか言いながら、ヘドウィグとベルベッドゴールドマインの記憶が混じっていた私。
10代の若い学生時代に観て以来だったのでちゃんとDVDでも復習しましたよ。
観たらなんとなく記憶が蘇ってきた。大人になってから観たらまた違うね。
なんだかとても切なかったー。


登場シーンからもうドキドキだった☆
ド派手な衣装に肉体美に表現力に…終始圧倒されっぱなし!
トークもキレキレで、なんば住人(いや住んではないけど)としては、ウンウンと頷くしかないようなご当地ネタが嬉しかった。しかも飛○ネタまでーーー!「今夜座っておこうかしらね」なんて言っちゃうんだもん。

そして何といっても歌のうまさに吃驚。笑
本当にヘドウィグのライブに来たような感じで楽しかったー。
指輪付けたまま騒いでいたせいで次の日手に内出血していた程…。笑

イツァーク演じる後藤まりこちゃんもミドリの音楽をちゃんと聞いたことなかったのだけど、想像していた通りの感じの子だったな。ただ言っていることがほとんど聞き取れなかった。笑

はぁ、すごくキラキラしていた時間だったな。
今でもたまに思い出すの。
嗚呼…(もわわん)。

そしてグッズが可愛かったので、衝動買い。

ネイビーのチュール×ネオンピンクのバッグ。
これ普通に可愛いので使える。
本当はpaaniのチュールバッグをずっと可愛いなと思っていて。
それと似ていたのもあって安いし買っちゃった!


そしてまさかのTシャツまで。
キラキラのグリッタープリントで本当可愛い。フェスとかで着たい♡

観終わったあとは余韻どっぷりのなか福島に移動。
3度目の正直で入れた、はなくじら。


この“ねぎ袋”が絶品!家で真似しました。笑

もぐもぐおでんをたらふく食べて、主婦友だちとの貴重な時間。
友達は子供が2人もいるので、勉強になる。

そもそも今年は色々行こうとなったのも彼女とそういう話になったから。
音楽やら演劇やらをこよなく愛する彼女。
一緒に行ったライブのこととかもまた書こう。
とりあえず、すでに来年の予定を入れたので楽しみタノシミ☆
| theater | 03:13 | comments(0) | trackbacks(0) |