m i s s u e , , , !

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile
Twitterボタン




<< Will Cotton | main | Bird COFFEE >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
世之介とRUBY SPARKS

金曜日に‘横道世之介’の試写へ行ってきました。

原作は‘悪人’の吉田修一さん。監督は‘南極料理人’の沖田監督、
そして同映画にも出ていた高良くんが主演!
これだけでも役者は揃った!感なのだけど、俳優陣も魅力的。
吉高由里子、池松壮亮、伊藤歩、綾野剛、柄本佑、井浦新…。

今、CMで「涙なんか流さず、笑って観てください」ってコピーが
流れているのだけどまさにぴったり。

ゆるくて、劇中にジワジワ笑いがこみ上げてくる。
高良くん演じる世之介がなんとも愛おしい。
しかし本当にみなさん素敵な演技…。芸が細かい!
あと、80年代が舞台なのでノスタルジー好きには色々ツボでした♡

公開にあたって作り手や演者たちが「手を離れるのが寂しい」と言っていたのを見たので、よほど愛着のある作品なのか〜と思って臨んだのだけどその理由がなんとなく分かった気がする。

しかし上映時間なんと2時間半って。長っ!笑
これでも編集したほうなんだろうなぁ。
ドラマ化しても人気でそう。

◆横道世之介
http://yonosuke-movie.com/


母と観に行って、帰りにご飯食べようとしらたどこも閉まっていた。
まだ21時台だよ?金曜なのに…。大阪の元気のなさったら。
結局焼き鳥屋さんに行ったのだけど、テーブルで炭火焼出来て
お鍋も食べれて美味しかった!



そして次の日の土曜日は夜ひとりだったので、以前書いていた(→
‘RUBY SPARKS’をレイトショーで鑑賞。
上映は東京だけかと思っていたけど遅れて全国の上映が決まってホッ。

余談だけど、前の上映(&舞台挨拶)がキャバ嬢映画の‘ユダ’だったらしく、入れ替わりの時に普段映画感で見かけない雰囲気の方ばかりでなんだか新鮮&おもしろかった…。笑

ストーリー自体の前知識ナシで観たのだけど、わりとファンタジー要素強し。
そこは予想外ながら、実生活でもカップルのカルヴィン(ポール・ダノ)
&ルビー(ゾーイ・カザン)の恋人な時間はとってもキラキラしていて、
music videoみたいで素敵だった。。。♡

恋愛って結局色々相手に求めてしまうんだよねぇ。
「悪かったね!あなたの理想じゃなくて」って言葉にあぁ…ってなった。

あと特筆したいのがルビーの可愛いファッション!
カラータイツ履きたくなります。
影響されて、赤ボーダーのトップス探し中。笑
カルヴィンが住むお家もお洒落なんだよなー。

映画が始まってすぐ、カルヴィンのお兄さんの顔を観て「この人誰だっけ!」のモヤモヤモードに入ってしまって、「何の映画出てたんだっけ」「なんで私この知らないお兄さんのこと好きなんだ?」って考えながら映画館をあとにして調べたら‘ジュリー&ジュリア’に出ていたジュリーの恋人役だった!この自分の好意に納得。

家族役もみんないい味だしていたな。
なかなかぶっ飛んだ感じでそれもよかった。笑

ブログで映画や音楽などすべてカテゴリーをまとめていたのだけど、
もう少し観た映画を記録していこうと思って『cinema』を追加。

今、自分の観た映画の記録がネットレンタルの「レンタルリスト履歴」
だけだからね…。そのとき感じたことをメモメモ。
| cinema | 10:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:25 | - | - |









http://bnocrin.jugem.jp/trackback/261